So-net無料ブログ作成

赤江海岸 堤防決壊 応急策を訓練 [宮崎市]






 宮崎地区建設業協会(後藤啓嗣会長、94社)と宮崎土木事務所は22日、

大地震による津波で宮崎市赤江海岸の堤防が決壊したことを想定し、

応急工事訓練を行いました。協会会員や同事務所職員ら25人が

参加しました。土のうの設置など、津波発生後の作業手順を

確認しました。両団体による津波を想定した

実地訓練は初めてです。

 訓練は日向灘を震源とする震度7の地震が本県を襲い、

津波により同海岸の堤防が約30メートル崩れた

というシナリオで行われました。

 参加者は前日に実施した図上訓練を踏まえ、同市曽師町にある

同事務所の倉庫から重さ約1・4トンの大型土のう71個を

10トントラック3台を使って海岸まで運搬しました。

到着後は重機を使って砂浜に土のうを積み、

砂をならして海岸利用者が通行するために道幅を確保しました。

完了までの所要時間を確かめました。

 県と県建設業協会は「大規模災害時における応急対策業務等に関する基本協定」を

2006年に締結しています。同事務所の明比健一郎主幹は「実際に災害が

起きたら、訓練のように手際よく作業ができるとは限らない。

サーファーなど海岸利用者の安全確保も含め、

今後もさまざまなケースを想定しながら

訓練を重ねたい」と話しています。

(宮崎日日新聞 1月23日 抜粋)






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 宮崎の気になる新聞記事特集! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
イオンの株主優待

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。