So-net無料ブログ作成

宮崎市 古城小に加盟校看板 青少年赤十字の精神PR [宮崎市]






 青少年赤十字加盟校の宮崎市・古城小(岩崎郁雄校長、153人)に5日、

加盟校であることをPRする看板が設置されました。

県内205校・園の加盟校で初めての設置です。

児童のボランティア精神を向上させる狙いがあり、今後、

残りの加盟校にも普及版の看板を配布していきます。

 同校は1985年(昭和60)年に同赤十字に加盟しました。早朝に校内や

近隣公園の清掃活動の時間を設けるほか、震災による

被災地への募金活動なども積極的に行っています。

 同日は看板設置場所である正門横で除幕式があり、1、2年生44人が参加しました。

県のシンボルキャラクター「みやざき犬」も立ち会い、「人のため、

郷土社会のために尽くすことを誓います」と

皆で決意を述べました。

その後、体育館でみやざき犬のダンスなどがあり、全校児童が鑑賞しました。

6年の長谷川亜門君(12)は「清掃の時間以外でも積極的に

ごみを拾い、皆が気持ち良く過ごせる環境を

つくりたい」と話していました。

 看板は縦1メートル、横2・2メートルで、同赤十字の態度目標「気づき、

考え、実行する」の文言を表記しました。県内トップの設置を

記念し、特別にみやざき犬がデザインされています。

(宮崎日日新聞 2月6日 抜粋)






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 宮崎の気になる新聞記事特集! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
イオンの株主優待

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。