So-net無料ブログ作成

えびの市 香取神社 天宮神社 打植祭 [えびの市]






えびの市の今西地区・香取神社の女神と、

田代地区・天宮神社の男性が年に1度の逢瀬(おうせ)を楽しむ

打植祭」は15日、両地区で開かれました。

両地区住民がそれぞれの神社を行き来し神事を行い、

五穀豊穣(ほうじょう)を祈願しました。


打植祭.jpg

画像提供  えびの市教育委員会


祭りではまず、今西地区から神馬役の竹本さん(53)と

馬引き役の田平浅明さん(61)らが出発し、

約4キロ離れた天宮神社まで列をなして移動。

田代地区の住民約60人が出迎えられ、

同神社で神事や農産物や工芸品の競りが行われました。


その後、一行はご神体の岩を3回回って神馬役に男神を移し、今度は香取神社へ移動。

道中ではササを持った住民が神馬役の背中や尻をたたき、

田んぼの中を走り回る場面も見られました。


香取神社に到着後は、両地区の住民に分かれ竹を引っ張り合う「カギ引き」や、

農民役の2人による狂言も奉納され、集まった両地区の住民約120人が

豊作を願っていました。


前原・田代自治会長は「今年も無事祭りを終えることができてよかった」、

外屋・今西自治会長は「両地区が交流できるこの祭りを今後も続けていきたい」と

話していました。


宮崎日日新聞 3月17日より抜粋







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 宮崎の気になる新聞記事特集! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
イオンの株主優待

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。