So-net無料ブログ作成

串間市 宮大生 都井岬を訪問 [串間市]






 宮崎大農学部畜産草地科学科の1年生53人が串間市・都井岬をこのほど訪問し、

国指定天然記念物の岬馬の生態などを学びました。

県外出身者も入学していることから、県内有数の観光地で、

貴重な動植物が多数発生している都井岬への理解を

深めようと数年前から実施しています。

学生は市文化財専門員で岬馬や都井岬に詳しい秋田優さん(36)の

ガイドに熱心に聞き入りました。

 秋田さんは「岬馬は芝が豊富な春、夏に子育てしないと丈夫に育たないから

春に出産するが、生まれて1年以内に3分の1は死ぬ。

都井岬全体の餌の量は毎年変わらないため、

自然と100頭前後に落ちつく」と伝えました。

 「牧場の中で買われている家畜馬と違って、都井岬は馬本来の姿を見ることができる。

岬馬を通じて馬の野生の社会を学ぶことが、家畜馬の

飼育技術向上にもつながる」と強調しました。

 学生はガイドの合間に、今春生まれた「春駒」や草原植物などを写真撮影していました。

愛知県日進市出身で初めて都井岬を訪れた小島健太郎さん(20)は

「牧場以外の場所で生きている馬を見たのは初。ガイドを聞き、

自然と共生している岬馬の奥深さを知ることができた」と話していました。

(宮崎日日新聞 5月3日 抜粋)






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 宮崎の気になる新聞記事特集! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
イオンの株主優待

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。