So-net無料ブログ作成

川南町 クロマグロ直売盛況  川南漁港 [川南町]







 県内屈指のマグロはえ縄漁基地の川南町・川南漁港では13日、川南町漁協

(溝口吉治組合長)による恒例のクロマグロ(本マグロ)の直売会が始まった。

同町通浜の同漁協直売所「通浜」には、大トロや中トロの切り身がずらりと並び、

多くの買い物客でにぎわっている。


 沖縄近海で捕れた310キロと113キロのクロマグロを生で販売。高級すし店で

使われるほどのトロや赤身、中落ちなどが市価の半額近い値段で買えるとあって、

午前10時の開店前から多くの人が詰め掛け、新鮮な切り身を次々と

買い求めていた。


 クロマグロは主に築地市場(東京)など県外に出荷するため、県内では

ほとんど出回らないという。地域の人にも気軽に味わってもらおうと、

同漁協が年1回開催している。同漁協の児玉直樹参事は「なかなか手に

入らない貴重な部位ばかり。脂がのった生のマグロを、多くの人に

食べてもらいたい」と話している。



                                                6月14日 宮崎日日新聞より 抜粋







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 宮崎の気になる新聞記事特集! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
イオンの株主優待

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。