So-net無料ブログ作成

北浦町 地域住民と魚ずし作り [延岡市]






 延岡市北浦町・北浦小(竹原哲郎校長、150人)で18日、

学校行事「ふるさと登校日」がありました。

児童が自分の暮らす地域の公民館など6ヶ所に行き、住民から

漁で役立つロープの結び方やすし作りなどを学びました。

 この行事は共同作業を通じて地域を愛する子どもを育てようと3年前から

実施しています。2年前の旧北浦小宮野浦分校の閉校の際

「地域に学校がなくなっても年に一度は子どもの声が聞きたい」と

住民から要望があったため、本年度から土曜授業として

学校の外で公開授業を行うことになりました。

 同日は前半、それぞれの会場で同校教諭が授業を行い、同行の

校歌を歌ったり教科書の音読をしたりしました。

 市振公民館では後半、児童43人や保護者らが水産加工会社代表、

林一成さん(64)を講師に、地取れマイワシの魚ずし作りを体験しました。

児童らは酢水をつけた手で、すし飯を俵状に握り、酢

で締めたマイワシを乗せていきました。

 6年の森銀司(11)は「魚ずしを作ったのは初めて。出来上がったすしは、

ばあちゃんと食べる」と話していまいした。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 宮崎の気になる新聞記事特集! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
イオンの株主優待

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。