So-net無料ブログ作成

串間市 モニタ観光で感想 [串間市]






 串間市と連携協定を結んでいる宮崎大の留学生13人が11日までの3日間、

同市を訪れ体験型観光のモニターツアーを行いました。

そうめん流しや定置網を体験、都井岬、

志布志湾大黒イルカランド巡りなどを楽しみました。

 串間エコツーリズム推進協議会(会長・野辺修光市長)が外国人観光客の

受け入れ強化を目的に実施しています。

前回の6月は日帰りツアーだったが、今回は長期滞在型を装丁し、

2泊3日で開催しました。

 2日目は都井岬を訪問しました。ビジターセンターの職員が国の天然記念物に

指定されている岬馬が現在96頭生息し、1頭1日20キロの

ふんをすると解説しました。

「都井岬で1日約2トンのふんが出るが人間は片付けしない。

ふんを食べる昆虫が分解するため、自然の状態で

生態系が保たれている」と伝えました。

 串間温泉いこいの里で、日本の夏の風物詩であるそうめん流しに留学生は

興味津々でした。そうめんが長さヤク20メートルの

竹の中を流れてくると、隣の人と競い合うように箸ですくっていました。

 スロエニア人のプラプロトニワ・プーラーさん(24)は

「都井岬の景色が素晴らしい。自然が好きな外国人は

串間を気に入ると思う」と話し、

アフガニスタン人のファリード・アジジさん(30)は「サザエやエビフライなど、

シーフードがおいしく、定置網体験、そうめん流しも

楽しかった」と喜んでいました。

 同協議会は今後、留学生の感想、意見を参考に外国人向けの観光メニューを作成し、

クルーズ船などで来日する観光客などを市内に呼び込む予定です。

(宮崎日日新聞 8月18日 抜粋)






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 宮崎の気になる新聞記事特集! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
イオンの株主優待

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。