So-net無料ブログ作成

木城町 比木神楽3カ所で披露 [木城町]






 木城町・比木神社(橋口清文宮司)などに伝わる

「比木神楽(高鍋神楽)」の韓国公演に向けた最終練習が24日、同神社でありました。

朝鮮半島の古代国家・百済の王族亡命伝説をしのび、

同神社と美郷町・神門神社(村田誠司宮司)が

毎年行っている「師走祭り」が緑で韓国側が招待しました。

10月4日に日韓国交正常化50年記念公演として

ソウル・国立劇場で単独公演を行うほか、1、2日には扶余郡と公州市である

「第61回百済文化祭」でも披露します。

 祭りは百済滅亡後に日本に亡命した王族の伝説を基に、比木神社に祭られる福智王が

神門神社に祭られる父の禎嘉王と”再会”する伝統行事です。

韓国の文化・学術分野の有識者でつくる「韓日文化交流会議」が今年、

祭り内で奉納される神楽を視察し、公演が決まりました。

両神社や高鍋神楽会(永友丈晴会長)などから

舞い手7人を含む計18人が訪韓します。

 神楽の奉納をメインとした公演の時間は、扶余・公州が約60分、ソウルが約90分です。

比木神社は「高鍋神楽」として県無形民俗文化財に指定されており、

本来は33番あるが、公演では宮神楽や将軍之舞、鬼神之舞など

10番ほどを披露しました。師走祭りの再現も行います。

 8月末から約1カ月練習を重ねており、同日は舞い手や総代などが集まって

最終的な確認を行いました。橋口宮司は「練習の成果を発揮し、日韓友好に

少しでも寄与できればうれしい」と話していました。

(宮崎日日新聞 9月26日 抜粋)






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 宮崎の気になる新聞記事特集! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
イオンの株主優待

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。