So-net無料ブログ作成

川南町 「懐中電灯持たず非難も!沿岸部地区初夜間訓練停電備え準備を」 [川南町]






災害時に暗がりでも安全に非難できるよう、

川南町の沿岸部地区で3日、

夜間の津波訓練を初めて行った。


訓練に参加したのは、伊倉、波掛、高下の4地区。


行政や警察、消防も参加して行われ、

住民たちは懐中電灯を片手に夜道を注意深く歩いて非難した。


沿岸部では昼間は年に数回行っているが、

昨年の避難訓練で住民から夜間の訓練が提案されたことから、

自主防衛組織を中心に計画した。


この日、午後7時に日向灘を震源とする地震が発生し、

大津波警報が発令されたと想定。


本来は非難するが、

今回は初実施を考慮して、

伊倉地区公民館を避難場所に指定した。


消防団が巡回しながら警報発令を知らせると、

公民館には住民が続々と集まってきた。


警報発令から約20分子供づれや高齢者を含む

約40人の非難が完了。


一方で、懐中電灯を持たずに街灯をを頼りに

歩く住民の姿も多く課題を残した。


佐倉地区などを含む旧第17文館長の河野文一さん(68歳)は

「ブロック掘などの崩壊や停電も想定され、

災害時は慣れた道も歩けない。


懐中電灯などの準備を普段から欠かさないでほしい」と呼び掛けた。

     
  
(宮崎日日新聞 10月6日 抜粋) 











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 宮崎の気になる新聞記事特集! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
イオンの株主優待

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。