So-net無料ブログ作成

川南町 「はるか昔の生活紹介 県内発掘石器など展示」  [川南町]






県埋葬文化財センターの移動展示会「ふるさと発掘!

埋文キャラバン」は18日、

川南町立図書館で始まった。


県内で発掘された氷河時代から中近世の石器や土器、

陶磁器などを展示。


同町内で発掘された土器もあり、

来場者ははるか昔の先祖の暮らしぶりについて

思いをはせている。


県内で発掘調査を行う同センターが

本県の歴史について理解を深めてもらおうと開催。


本年度は、五ヶ瀬会場(9月)と2ヶ所で行われ、

川南会場では、東九州自動車建設の調査で

発掘された石器類を多く展視している。


展示は、県内最古級のの約3万年前の磁気

(延岡市・山田遺跡)など約220点。


このうち、約160点は同町で発掘された物で、

赤坂遺跡で見つかった弥生土器は、

ひょうたん形をしていて県内でも

珍しいという。


同町内遺跡の解説や各時代の

人々の暮らしを紹介するパネル展もあり、、

来場者は興味深そう見入っていた。


23日には同センター職員による

解説や拓本体験を行う。


同センターは「長時間にわたって展示する

機会は少ない。

気軽に足を運んでほしい」と

呼び掛けている。


●12月6日まで、同館時間は午前9時~午後5時。
24、30日は休館。
入場無料。
問い合わせ℡0985-(24)-1600

(宮崎日日新聞 11月19日 抜粋)






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 宮崎の気になる新聞記事特集! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
イオンの株主優待

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。