So-net無料ブログ作成

高鍋町 「空から母校眺め歓声 高鍋東小 6年熱気球をたのしむ」 [高鍋町]







児童たちに思い出をつくってもらおうと、

高鍋町の高鍋東小(千田洋一郎校長、608人)で23日、

熱気球の体験搭乗があった。

6年生35人が参加。


母校や町並みを上空から眺め、歓声を上げた。

保護者有志でつくる同校おやじ会(井上聴会長)主催。

宮崎大気球部(山崎春果部長、23人)の協力で

実現した。


同日は体育館で「宮崎では高度500㍍まで上昇する。

上昇するスピードは時速10㌔ほど」などと、

熱気球について学んだ後、グランドへ。


大型の逆風機で球皮を膨らませ、

バーナーで内部の空気を暖め、

高さ約20㍍の巨大な機体が

立ち上がる様子を実演した。


ゴンドラに児童3、4人ずつ搭乗し、

高度約20㍍まで1,2分ほど上昇。



高鍋の町並が360度見渡せ、

遠くは蚊口浜も視界に収めるなど

熱気球ならではの、

ゆったりした飛行を満喫していた。


6年の有澤さん(11)は「自分の学校を

上から見られるのが楽しかった。

一生に一度あるかどうかの体験ガッできて、

本当にありがたかった」と笑顔。 


山崎部長(21)=教育文化学部3年=は

「宮崎で熱気球が飛んでることを

もっと知ってほしいい。

乗る機会があまりない子供たちの心に

残るのでは」と話していた。


岡部は気温が低く飛行に適した11月~翌年5月に活動しており、

本年度は4回の体験搭乗を実施する予定。


宮崎市外での実施は高鍋東小が初めて。

(宮崎日日新聞 11月24日 抜粋)     






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 宮崎の気になる新聞記事特集! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
イオンの株主優待

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。