So-net無料ブログ作成

宮崎市 「サクスホンが奏でた文科省唱歌」  [宮崎市]






魅惑的で華やかでもあるビゼ「カルメン」を編曲したF・ボルヌによる

「カルメン・ファンタジー」の後、

アンコール曲として演奏された「ふるさと」に

思わず涙腺が緩んだ。


おととい、宮日音楽コンクール表彰式であったUMKプレゼンツ特別演奏。

サクソホン奏者の村田祐和さんが小1時間に及ぶ

演奏に続いて奏でた曲だ。


日本人ならばメロディーが耳に入ると同時に

「ウサギ追いしかの山~」の

歌詞に変更される交響曲である。


村田さんは日向市出身、東京芸大から同大学院を修了。

日本管打楽器コンクールで審査員満場一致の1位。


ソリストもしくはオーケストラのサクソホン演奏者として

おもな楽団と共演を重ねている。


その人にして初めて挑んだ宮日音楽コンクールは予選落ちした。


ほろ苦くてもアイザックスターンの名を冠じた

ホールに立ったことは貴重な経験に

なったという。


アンコール曲の選挙は同じく表彰式に先駆けて演奏した

みやざきジュニア特別賞など受賞した音楽家の卵たちへの

激励でもあったはずだ。


ふるさと3番の歌詞には「こころざしをはたしていつの日にか帰らん」

とある。コンクールから巣立った彼ら、

彼女らがふるさとのホールで満場の聴衆を前に歌を、

ピアノを弦楽器を、管楽器を、打楽器を演奏する日を楽しみに

待ちたい。


(宮崎日日新聞 11月25日 抜粋)






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 宮崎の気になる新聞記事特集! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
イオンの株主優待

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。