So-net無料ブログ作成

宮崎市 「花や植栽まちづくり全国コン 一理山シバザクラ優秀賞」 [宮崎市]







花の植栽や緑化によるまちづくりの貢献度を競う

「第25回全国花のまちづくりコンクール」で、

団体部門優秀賞に宮崎市高岡町の一里山地区

ふるさとづくり推進協議会(福田忠義会長80戸)、

企業部門激励賞に同市赤江の宮崎空港ビルが選ばれた。

シバザクラ拡大.jpg
一理山推進協は、2007年に発足。

一部住民が農道沿いで行っていたシバザクラの植栽を広げ、

地域づくりを始めた。


現在は、農道沿いの土手や農地など総延長2㌔にわたり約15万本を植え、

開花時は住民のおよそ50倍に上る

約1万人の鑑賞者が訪れる。


苗の生産から植栽、管理まで全て住民が行い、

地域ぐるみで活性化につなげていることが

評価された。


福田会長(72)は「2株の苗から始めた植栽が

評価されてうれしい。


今後も住民一体となり九州一のシバザクラの里を

目指したい」と慶ぶ。


12年の優秀賞に続き、激励賞を受賞した宮崎空港ビル。


空港や周辺道路でのブーゲンビリアなどの植栽や、

清掃活動などが評価された。 


11年に空港周辺の企業と宮崎空港線修景美化推進協議会を発足、

一帯の植栽活動に着手した。


13年には市民団体や企業ら116団体で

花ボラネット宮崎を設立。


空港周辺だけではなくJR宮崎駅や宮崎港、、

市街地での植栽や清掃に取り組み、

街全体を花と緑で彩っている。


同社総務部環境美化課の内山次夫リーダー(62)は

「空港利用客や地域住民からも喜ばれている。


次回こそ大賞を狙う」と意欲を新たにしている。


コンクールは、市町村、団体、個人、企業の4部門があり、

本年度は全国1,904件の応募から大賞4件、

優秀賞9件、奨励賞10件などが選ばれた。


(宮崎日日新聞 11月25日 抜粋)






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 宮崎の気になる新聞記事特集! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
イオンの株主優待

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。