So-net無料ブログ作成

宮崎市 「レンタカー県内好調 東九州道開通追い風」 [宮崎市]






「福岡から車を走らせるより、

飛行機で宮崎まで来てレンタカーを

借りた方が楽、

宮崎は道路も走りやすく景色もいい」。


友達と青島神社など県内のパワースポット巡りに

訪れた会社員、磯村弘美さん(36)=

福岡市=は声を弾ませた。


家族旅行で本県に来た会社員、

大西英治さん(28)=同市=は

「子どもが小さいので電車やバスでの移動は

周囲に気をお使い負担。



最近は飛行機とレンタカーを使った

旅行ばかり」と笑顔を見せる。


レンタカーの車両台数は順調に推移。


国土交通省の調べで、2,014年3月末は6044台と

前年同時期に比べ13%伸びた。


県レンタカー協会は「若者の車離れや 

節約志向の高まりにより「買う」から「借りる」という

考えが広がっている。


他業種から参入も増えた」と説明する。


オリックスレンタカー宮崎空港フェニックス店では、

9月のシルバーウィーク(SW)は1ヶ月前に

予約で埋まったといい、

堀井恒治店長は「今年は特に多く、

周辺の店も車が足りなかったぐらい」と

うれしい悲鳴を上げる。


大分県で車を借りて

本県で返却するケースも増えており、

「東九州で宮崎市と大分市が

つながった影響では。


(この数年高速道路が次々と開通し)

カーナビに最新の情報が反映されないのが悩み」と

苦笑いする。


一方で新たな問題も出てきた。


「レンタカー会社の送迎者が空港や駅に

乗り入れる専用の乗降場所が足りず、

利用者にとって不便」と、

県レンタカー協会理事でトヨタトレンタリース宮崎の

有田秀博専務。


「本県のおもてなし向上のためにも

改善してほしい」と要望する。


みやざき観光コンベンション協会の

甲斐祐二観光推進局長は、

外国人観光客が団体旅行から

個人旅行にシフトしていると指摘し、

今後レンタカー需要が高まるとみる。


「海外からの誘客を図る上で本県の

課題となっている2次交通手段を充実

させることが重要。


道路標識やカーナビの多言語化も

進めていかないといけない」と話す。

(宮崎日日新聞 11月30日 抜粋)






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 宮崎の気になる新聞記事特集! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
イオンの株主優待

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。