So-net無料ブログ作成

日南市 「バナナ栽培”密林”に 1本を株分け農薬使わず」 [日南市]

日南市南郷町上中村にある山の斜面などに

たわわな実の房をぶら下げている。


近くでカラオケ店を経営する斉藤親さん(74)が

1本の苗木から株分けして増やしたもので、

ひときわ南国ムード漂う光景が近所や

近くを通る人たちの目を引いている。


斉藤さんは十数年前、所有する休耕田に

南国風景を演出しようと、

知人からバナナの苗木を譲り受けた。


バナナは毎年株1本から3,4本の子株を芽吹かせるため、

地道に所有する山に株を移植。


草払い、古株の刈り取りなど独学で

栽培にのめり込んだ。


近年はねずみ算のように株が増え、

約1㌶の斜面がまるで

”バナナの密林”のように。

数年前には2㌧トラック2台分の収穫をしたという。


バナナは通常店に並ぶようなものと大きさは

同じほどだが長さは半分。


酸味と甘味があり、県総合農業試験場亜熱帯作物市場の

無田上重治四支場長は「県内で露地バナナを

まとまって栽培している例は聞かない。


おそらく3尺バナナの仲間で、

年間通して温暖で霜が降りないなど

環境条件がいいのだろう。

実の成長も立派」と話す。


収穫期のこの時期、

斉藤さんは山に入っては株の先端に

下がる房を目掛けて鎌を振る。


今年は台風の影響で折れた株も多く収量は

減りそうだが、「無農薬で安心。自然に育ったバナナを

店の客や知人が食べてくれるとうれしい」と笑う。


そして「将来はこのバナナをジュースや菓子に加工したり、

地元の子どもにバナナ狩りをさせたり

いろんな形で喜んでもらえればいい」と

夢を膨らませる。


(宮崎日日新聞 11月14日 抜粋)

日南市 「祝いの花 愛らしく スイートピー収穫本格化」 [日南市]

愛らしく咲きましたー。

日本一の生産量を誇る日南市スイートピーが

収穫期を迎えた。


ビニールハウス内で色とりどりのフリルのような花が咲き誇り、

生産者が摘みとり作業に追われている。


JAはまゆうでは12日に本格出荷が始まり、

北海道から九州まで全国24市へ送る。


クリスマスや卒業シーズン用として人気があり、

来年4月まで出荷が続くという。


同市北郷町大藤の徳井三十志さん(56)が営む

25㌃のハウス内では淡いピンク、

柔らかな紫、鮮やかな白など8品種が咲き、

ほんのり甘い香りで満ちている。


11日は、早朝から家族やパート従業員ら9人で作業。


3輪の花が付いたスイートピーを

丁寧にはさみで摘み取っていた。


徳井さんは「10月の気候が安定していたので

茎が太く花にボリュームがある。


非常に出来ガいい」満足げ。


さらに冷え込んでくると、

花の色が一段と映えてくるという。


同JAによると、花卉(かき)部会では29人が

計5㌶で45品種を栽培。


今年は約1120本の出荷を見込んでいる。


(宮崎日日新聞 11月12日 抜粋)


日南市 「イロハモミジ色づくし」 北郷町 イロハモミジ [日南市]

県南も秋の祭りー。

日南市北郷町北河内の山中にある樹齢約200年と

いわれるイロハモミジが、

真っ赤に色づき見頃を迎えた。


ここ数日の気温の低下で紅葉が進み、

多くの人が訪れている。


北河内のイロハモミジは高さ約20㍍、

幹周りは2・4㍍はどで

枝は20㍍四方に広がるカエデ科の巨樹。


周囲のシイやカシなど広葉樹の

緑色との鮮やかなグラデーションが楽しめ、

近くを流れる渓谷のせせらぎも心地よい。


紅葉を写真に収めようと愛好家や観光客も

多く訪れている。


同市北郷町総合支所の産業経済係によると、

今週末に紅葉のピークを迎えそうだという。



場所は県道都城ー北郷線の広渡ダム付近の橋を渡り、

レイクサイド公園方面に向けて

5㌔ほど進んだ奥にある。

●問い合せ・・・・電話0987-(55)-2114


(宮崎日日新聞 11月7日 抜粋)

日南市 「ユニークかかしずらり 南郷村中村乙」 風田区の田んぼ [日南市]

日南市内県道沿いの2地区にユニークなかかしが登場、

道行く人たちを喜ばせている。


地域活性化につなげようと地元住民らが製作した。

水稲を刈り取ったあとの風田区の田んぼに並ぶのは、

国民的人気アニメ番組「サザエさん」」一家や

地元の風田地域資源環境保全協議会(黒木影会長)が

呼び掛け親子会や高齢者クラブ、

近くの養護老人ホーム利用者らと協力して

作り上げたい。


かかし作りは地域おこしだけでなく、

顔が見える地域づくりにも直結すると言う

「楽しんで作ったかかしをぜひ見に来て

ほしい」と呼び掛ける。


また同南郷町中村乙の県道北方南郷線沿い

約1㌶の田んぼではかかし約20体とこいのぼり200匹が、

辺りに咲き誇る色とりどりのコスモス、

ヒマワリと競演。



地元住民でつくる中央町地域資源保全向上活動組織(門丸

正憲代表)が手掛けた。


かかしは読み聞かせを楽しむ人たち、

プロ野球埼玉西部ライオンズの選手など

ユンークなものがづらり。


親子で訪れた宮崎市京塚の阪元みあちゃん(4)は

次々と指さして「かかしもコスモスも

かわいい」と笑顔をみせた。

コスモスは11月中旬、

ヒマワリは今月いっぱい楽しめる。


隣にある沼村鉄工所の駐車場を

利用すること。

(宮崎日日新聞 10月29日 抜粋))

日南市 「アニメ アフレコ挑戦 湯上小 表現力養成へ児童ら」 [日南市]

「アニメ アフレコ挑戦 湯上小 表現力養成へ児童ら」

日南市南郷町・湯上小(戸高博之校長、103人)の児童は21日、

アニメの映像に合わせてせりふを演じる「アフレコ」に

挑戦した。


人前で意見を話す力や表現力を養ってもらおうと、

声優・俳優養成学校「サラエンタテインメント宮崎港」(宮崎市)の

生徒5人と講師らを招いた。


全学年を対象に実施。


生徒が手本を示した後、

人気アニメのアフレコを体験。

3人づつマイクの前に立ち、

キャラクターの口の動きや表現、

言葉などに合わせてせりふを吹き込んだ。


物語の展開にせりふが追いつかず遅れたり、

言葉に詰まってしまったりする場面もあったが、

キャラターの声を上手にまねる児童をいて

会場は拍手に包まれた。



指導した講師は「みんなうまくて驚いた」。


こんなにたくさんの子供にアフレコを体験してもらったのは

初めて」と慶んでいた。


昭和30年代の南郷町を舞台にしたオリジナルの

朗読劇も体験した。


6年の上野時成君(11)は「難しかったけれど楽しかった。

もう1回やりたい」と嬉しそうに

話していた。

(宮崎日日新聞  10月23日  抜粋)

日南市 「キバナノホトトギス かれんに秋彩る 日南・北郷県道沿い」 [日南市]

日南市北郷町山仮屋町の県道27号線沿いに希少植物

キバナホトトギスが花を咲かせ、

秋の彩を添えている。


近く飫肥街道筋にも多く群生し、

赤紫の小さな斑点をちりばめた鮮やかな

黄色のかれんな花が、、

斜面に星を散らしたように咲いている。

今月いっぱいごろまで見られるという。


ユリ科ホトトギス属の多年草で、

主に本県内に自生する固有種として知られている。



楕円(だえん)状の葉に囲まれ10㌢ほど伸びた茎の先に、

直径3㌢ほどの花を付ける。


県総合博物館によると、

同市以外にも宮崎市の加江田渓谷や鰐塚山など

県中央部を中心に分布し、

日向市、椎葉村などにも自生地がある。


「県内ではよく見られる種だが、

大切に見守ってほしい」としている。


(宮崎日日新聞 10月12日 抜粋) 

日南市 「ウスギモクセイ見頃 願成就寺境内、甘い香りも(日南)」  [日南市]


日南市今町の願成就寺(川崎光俊住職、通称・談義所)の

庭にある樹齢330年余りのウスギモクセイが今年も花をつけ、

見頃を迎えている。

その名が表するようにクリーム色の小花が秋風に揺れると

心癒やす優しい甘い香りが辺りを包み、

訪れた人たちを楽しませる。


境内にかさ状に広がる高さ11メートル越のウスギンモクセイは

市の天然記念物、

県の巨樹百選にも選ばれている。


例年よりやや早い開花という。


寺では来訪者を抹茶でもてなす接待を行っており、

訪れた人々は奥ゆかしい香りが漂う樹下で一服し、

ゆったりとしたひとときを過ごしていた。


花のピークが過ぎても、

雪のように散る様子やじゅうたんのように

地面に広がる様子が楽しめるという。


接待は10日までだが、

境内には自由に入ることが出来る。


同寺総代を務める清水史隆さん(78)は

開花を毎年楽しみにしているという。


「この地で300年以上根を張り続けている

ウスギンモクセイを見ながら、

健康長寿を祈ってほしい」と話していた。


接待は午前10時~午後3時、


お問い合わせは願成就寺℡0987-(25)-1558


(宮崎日日新聞 10月10日  抜粋)

日南市 「飫肥城下まつり 武者ら集う歴史絵巻」 伊藤家 [日南市]

 
日南市を代表する秋の風物詩で、

今年は、17、18日に開かれる。


飫肥地区は江戸時代には飫肥藩伊藤家5万1千石の城下町として栄え、

今も武家屋敷が立ち並び国の重要伝統建造群保存地区(伝建地区)

に選定されている。


その風情ある町並みで、

歴史絵巻が展開されろ。


初日は、高佐砦(とりで)から午前10時半に「のろし」が上がる。

早馬が飫肥城大手門前を疾走するのは午前11時25分。


地区に伝わる泰平踊りは同35分からで、

本町組保存会が踊りを披露する。


飫肥小グランドに設ける

ステージでは各種の郷土芸能が披露され、

午後8時10分からはメーンの民謡歌手・金沢明子が登場する。


2日目はの正午からは、

市中パレードが行われる。


女武者や侍大将、市内各地区から選ばれたミスお姫さまらが

本町商人通りを練り歩く。


●メモ・・・17日午前10時から18日午後7じまで、
 
 大手門通りと横馬城通りは歩行者天国。
 
 市中パレードでは車両交通規制も。
 
 駐車場は飫肥城観光駐車場、
 
 飫肥中第1グランド、
 
 酒谷川河川敷の本町、
 
 楠原側など、
 
 混雑が予想されるためバスなどの
 
 公共交通機関利用を。
 
 ★日南市観光案内所℡0987-(31)-0606


 (宮崎日日新聞 10月8日 抜粋)

日南市 「コスモス見頃JR油津駅」  「菜の花の会」       [日南市]


日南市のJR油津駅とその周辺で、

色とりどりのコスモスが見頃を

迎えている。


同市桜ヶ丘自治会の「菜の花の会」(河野哲郎会長)が8月に植えたもので、

観光客ら駅利用者を楽しませている。


駅ホーム両脇の花壇と、

ホーム北側の踏切周辺でピンクや白、紫色の可憐な花が

涼しげな秋の風に揺られている。


観光特急「海幸山幸」の乗客や地元住民に見てもらおうと、

同会は毎年、苗を植えたり種をまいたりしている。


訪れた人たちは写真を撮るなどして楽しんでいる。


近くに住んでいるという女性(75)は「見ていて気持ちが良い。

わざわざ見に来る人もいるようで、

地域の名物になれば」と笑顔。


河野会長は「きれいに咲いた」と見てくれる人いると嬉しい。

11月には菜の花の種をまくのでこちらも楽しみに

してもらいたい」と語った。

(宮崎県日日新聞 10月17日 抜粋)

日南市 飫肥に新観光スポット [日南市]

 日南市の飫肥城下町保存会(清水満雄理事長)は地域内の見上げて楽しむ3カ所を

新しい観光スポットとしてPRしています。

 1つ目は飫肥中東側の田ノ上八幡神社の大クスです。樹齢は400年を優に超え、

地中から突き出すようにそびえ立ち、天邇向かって強く伸びる枝は

生命力にあふれ、隠れたパワースポットとして知られています。

 2つ目は飫肥城内の通称「しあわせ杉」と呼ばれる4本杉です。

対角に結んだ真ん中に立てば、幸せの御利益を得られるとして

観光客に人気のスポットです。そのうち南東の1本に

目をやると天然の杉玉が下がっています。

杉玉はその形から「円満」を連想させる縁起物とされ「幸せの源は

この杉玉から来る」と同保存会は説明してます。

 3つ目は由緒施設、豫章館庭園内の「上向き地蔵」です。

高さ70センチの石造りの地蔵で東側生け垣の根元に

ひっそりと佇んでいるが柔和そうな表情で天を仰ぎ見る珍しい姿です。

いつごろどのような理由で設置されたのかは不明だが、

同保存会によると「かつては雨乞い地蔵として

天に願いを伝えたものでは」としています。

 同保存会の郡司均事務局長は「癒しの空間である旧本丸跡などと合わせて、

新しい観光名所としてアピールに力を入れたい」と話しています。

豫章館は有料で、田ノ上八幡神社、しあわせ杉は無料です。

由緒施設入館券がセットになった「食べあるき・町あるき」マップも販売しています。

 お問い合わせは同保存会 TEL0987(25)4533 です。

(宮崎日日新聞 10月1日 抜粋)
Copyright © 宮崎の気になる新聞記事特集! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
イオンの株主優待

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。