So-net無料ブログ作成

都農町 「晩秋尾鈴路を満喫 都農 親子連れら紅葉狩り」 [都農町]

尾鈴モミジ狩り(尾鈴山フェスティバル実行委員会主催)は22日、

都農町の尾鈴山であった。


町内外から親子連れら約50人が参加し、

晩秋の尾鈴路を楽しんだ。


尾鈴キャンプ場から千畳敷などを巡り

約2時間半のコースで実施。


例年は山肌に広がるカエデやウルシの

紅葉を楽しむことができるが、

今年は冷え込みが弱かったせいか、

色付きは遅れ気味。


それでも、1部で紅葉を見つけると、

写真を撮ったり葉を拾ったりして

秋の気配を体感していた。


散策の後は、一帯に繁殖する希少植物の解説があり、

尾鈴山の貴重な自然について

理解を深めていた。
尾鈴山の紅葉縮小.jpg

また、鍋料理の振る舞いもあり、

参加者は疲れを癒やしながら

交流を深めていた。


友人と訪れた門川町庵川西、

公務員工藤紗千さん(34)は

「紅葉が少ないのは残念だが、

楽しい一日を過ごせた。


登山はが好きなので、

春の山開きにも参加してみたい」と

話していた。


(宮崎日日新聞 11月28日 抜粋)

都農町 「幻想的な光ゆらゆら キャンドル2000個点灯 都農町」 [都農町]

ろうそくの明かりの中でスローライフを楽しむ

「キャンドルナイトinつの」は、

都農町藤見公園でこのほどあった。


約2千個のキャンドルが幻想的な空間を演出。


地域住民や家族連れが訪れ、

思い思いの時間を過ごした。


地域活性化を志す若手でつくる若風会(田淵陽介会長)が

主催。


例年は都農神社で実施しているが、

今回は「ふじみ市」(NPO法人都農enjoyスポーツクラブ主催)と

タイアップして同時開催した。


辺りが暗く丸と、光の回廊が現れ、

町内の園児が紙袋で手作りしたあんどんには、

個性的な絵が浮かび上がった。


来場者はちょうちんを持って周囲を散策したり、

都農高天文学同好会による星空観望会で

天体を観察したりして秋の夜長を楽しんだ。


ボランティアで参加した高鍋高3年の善相原美紅さん(18)は

「ろうそくの明かりは優しい。夜の藤見公園を

堪能できた」と話していた。


(宮崎日日新聞 11月13日 抜粋)
      

都農町 「カラフル仮装でキャラなりきり ハロウィン楽しむ 都農町」  [都農町]



仮装した子どもたちが町内を練り歩く都農町民図書館の

仮装イベントは24日、

同町の道の駅「つの」などであった。


小学生ら30人が参加。


かわいらしいキャラクターに扮(ふん)した子どもたちは、

地域の注目を浴びでいた。


例年は図書館で行っているハロウィンのイベントを、

児童たちの要望もあって県外で開催。


子どもたちの楽しむ姿を地域住民にも見てもらおうと、

道の駅の協力を得て実現した。


図書館に集合した子どもたちは、

カラフルな衣装に着替えて映画やアニメの

キャラクターに変身。


同館から道の駅までの約500㍍の道のりを

歩いた。


道の駅では、仮装コンテストを行い、

一人一人が仮装のポイントなどを発表し、

買い物客からも大きな拍手を浴びていた。


都農南小4年の園田希翔君(10)は

「キャラクターになりきって

町を歩くのは楽しかった。


来年ももっと本格的な格好をして参加したい」と

満足顔だった。


(宮崎日日新聞 10月30日 抜粋)


都農町 「(こいせん)鮮度抜群のコイ料理 一念発起転身し努力」 [都農町]

今年でオープン45周年目を迎えた「こいせん」。

川魚や海鮮料理を提供する町内きっての老舗だ。

中でも一押しはコイ料理。


業者から仕入れたコイは、

井戸水が張られた店のいけすへ。


店主の谷口昭義さん(63)は「川魚が臭いというのは

大きな間違い。

きれいな水で育った魚を食べてほしい」と、

注文後に締める刺身は鮮度抜群で癖はない。


一番人気の「コイの丸ごと揚げ」は豪快に1㌔以上のコイを仕様。

低温と高温の油で2度揚げした後、

あんをかける。


外はバリバリ、身はふっくら骨まで味わことができる。


●定休日・・・・不定休

●連絡先・・・・0983-(25)-0643

(宮崎日日新聞 10月21日 抜粋)

都農町 「バイオマス発電所 最先端の機能備える」 尾鈴サンロード [都農町]


尾鈴サンロードが整備され、

町中心部や町外から来やすくなりました。

私たちが子どもの時と変わりない風景が残り、

四季折々の姿を見せてくれます。


特に春には山肌に桜が咲き乱れ、

都農ワイナリーの裏にある牧内山が絶景スポットです。


長野地区方面に向かうと、

高台にそびえ立つ巨大プラントが見えてくる。


「グリーンバイオマスファクトリ」(米良社長)の都農発電所は、

木質チップのみを燃料とする全国3例目のバイオマス発電所だ。


今年2月に本格稼動を開始し、


年間発電量は約4千万キロワット時に上がる。


東日本大震災による福島原発の事故により、

注目が高まるバイオマスエネルギー。


最先端の機能を備え、

24時間稼動する発電所に県外からの視察が耐えない。


学校の社会学習に役立ててもらおうと、

小中学生を対象に発電方法や施設の主要を収録したビデオの上映

を祈っている。


神谷知明所長は「バイオマス発電を知れば、

地球の環境も勉強できる」と話している。

℡0983(24)2550(学校関係以外は要相談)

(宮崎日日新聞 10月20日 抜粋)

都農町 「来月 本県初の大会」 チンドン屋 [都農町]

「来月 本県初の大会」

都農町藤見公園で行われる町産業まつり(11月8日、実行委主催)で、

県内外のチンドン屋が出演するチンドン大会の開催が決まった。


同町名貫出身でチンドン屋「花ふぶき一座」座長の富田若奈さん(44)=都城市=

が13日、同町役場を訪れ、

河野正和町長に詳細を報告した。


全国で活躍する富田さんは町ふるさと大使を務め、

古里でのチンドン大会開始を模索してきた。


一方で、町も特色あるイベントで集客を狙っており、

両者の志惑が一致。


同一座に加え、宮田さんと親交のある東京都、

大阪府、長崎県の4団体が出演する。


県外のチンドン屋が集結するイベントは

本県初という。


大会では屋内運動場に設けたステージで歌や踊り、

大道芸などをを披露。


チンドンの全国大会で行う特産品の宣伝パフォーマンスも実施し、

本格的な演出を楽しむ事が出来る。


宮田さんは「やるからには初めての企画に挑戦してみたかった。

都農は祭り好きの人が多い。


チンドンを知らなくても楽しめるイベントに仕上げたい」と

意気込んでいる。


同まつりは昨年、34年ぶり復活。


地場産品の魅力再発進を目的として開催され、

県内外から約8千人(主催者発表)が訪れた。

(宮崎日日新聞 10月16日 抜粋)

都農町 「多彩競技心も熱く 老人クラブ大運動会」(都農町)  [都農町]


都農町の各地区老人クラブがスポーツを通じて交流を図る

「老人クラブ連合大運動会」(同町老人クラブ連合会主催)は8日、

同町体育館であった。


34地区が小学校区ごとに赤、青、白の3組に分かれて対抗戦。


約500人が頂点を目指して熱戦を繰り広げた。


毎年秋に開催、高齢者が一同に会いするとあって

町の一大イベントとなっている。


過去に一度も中止することなく、

今回で40回目。


閉会式で同連合会の小森豊会長(76)が

「5年、10年と長続きするためにも、

アイデアを出し合って盛り上げて生きたい」と

あいさちした。


球技は2人一組で膨らませた風船を

尻で割る「けつ圧測定」や、

袋に入ったカップ焼酎を

さおに付いたフックで釣り上げる

「だれやめ釣り」など

趣向を凝らした種目ばかり。


ラグビーボールをドリブルしてタイムを競う「人生ボールけり」では、

思い通りに転がらないボールに悪戦苦闘。


それでも息を切らしながらゴールを目指す姿に

会場の大応援団から声援が送られた。


青組みで参加した武田達夫さん(83)=は

「体も気持ちも熱くなった。

若いころのように体は動かないが、

健康に気を付けてずっと参加したい」と

話していた。


(宮崎日日新聞 10月9日 抜粋)

都農町 3千発大輪 夜空彩る [都農町]

 都農町の夏を締めくくる「つの町民花火大会」は21日、

同町山下明田地区の都農川河口であった。

町民有志らでつくる実行委〈河野章弘委員長)が主催し、

地元企業や町民からの寄付金を基に実施。

約3千発の打ち上げ花火が夜空を彩った。

 実行委のメンバーが町内で協力を呼び掛けたり、募金箱を

設置したりして開催しており、今年で11回目に。

午後8時、最初の花火が打ち上げられると、町民の庭や屋上、

沿道で足を止めた人たちから拍手が湧いた。

 色とりどりの花火に交ざり、尺玉の大輪が夜空を染めると、

ひときわ大きな歓声。

観衆は約50分間の花火ショーに見入っていた。

家族で見物した都農小2年の赤尾春香さん(8)は「花火が

すごく近くに見えて、音も大きかった。たくさん花火大会に

行ったけど、一番楽しかった」と話していた。

 同日は都農川沿いで花火大会に合わせた「川祭り」〈同町

商工会青年部主催)もあり、多くの家族連れでにぎわった。

(宮崎日日新聞 8月28日より抜粋)

都農町 普段から絆大切に [都農町]

 口蹄疫や東日本大震災の教訓を生かし、災害の備えについて考える

シンポジウム「これからの災害に備える-絆の確認-」は23日、

都農町の塩月記念館であった。

約160人が来場し、パネルディスカッションを通じて、

災害時の助け合いの重要性について理解を深めた。

 県弁護士会、県ボランティア支援連絡協議会が主催。

今月27日に口蹄疫の終息宣言から5年が経過するのを記念して開催した。

パネルディスカッションには、獣医師や弁護士、商工団体代表のほか、

宮城県気仙沼市の市民団体代表ら7人が登壇。

口蹄疫と東日本大震災を同じ「災害」として捉え、災害時の行動や復興段階で

「何が必要か」をテーマに討論した。

 口蹄疫発生1例目の農場を診察したあおき動物病院(都農町)の

獣医師青木淳一さん(43)は5年前を振り返りつつ「コミュニティーが

分断され、地域がバラバラになった」と報告。

その上で「災害が起きた後では遅い。

平常時に、人と人とがしっかりつながっていることが大事だ」と訴えた。

 五ヶ瀬中等教育学校6年の松本玲君(17)は「自分たちも

地域の一員。災害時に困ることがないように、普段から

絆を意識して生活しないといけない」と話していた。


(宮崎日日新聞 8月26日より抜粋)

都農町 買い物客行列つくる 道の駅「つの」2周年催し [都農町]

都農町の道の駅「つの」(福地清乙駅長)は26日、同駅で
オープン2周年記念イベントを開いた。
豪華景品が当たる抽選会や
無料振る舞いなどがあり、県内外から約5千人
(同駅発表)が訪れ、大いににぎわった。

同駅は口蹄疫からの復興などを図る
核施設として2013年7月31日にオープン。開業以来の来場者数は
6月末で136万人、昨年度の売上高は7600万円に達した。
これらの成果が評価され、
今月上旬に九州・沖縄「道の駅」連絡会の優秀賞を受賞した。

26日は、台風12号の影響が心配されたが、
朝から駐車場は混雑。
千円以上の買い物客には抽選券が配布されるとあって、
地元産の新鮮な野菜や加工品が並ぶ門前市場では、
レジの前に買い物客が長い列をつくった。

今月末には来場者数が140万人を突破する見込み。
本年度は売上高などで昨年度比3%増を目指す。
福地駅長は「近隣自治体との競争に
勝つために、町外客のリピーターを増やす。
今後も魅力ある商品開発を積極的に
行っていきたい」と話していた。

(宮崎日日新聞 7月28日 抜粋)
Copyright © 宮崎の気になる新聞記事特集! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
イオンの株主優待

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。