So-net無料ブログ作成
吉村町 ブログトップ

吉村町 被告女性 起訴内容 認否 留保 [吉村町]

知人女性に売春させたり、金を脅し取ろうと暴行を加えてけがを負わせたりしたとして、

売春防止法違反や恐喝未遂、傷害の罪に問われた

宮崎市吉村町、無職鶴原被告(21)の初公判は19日、宮崎地裁で開かれました。

鶴原被告はいずれの起訴内容も認否を留保しました。


検察側は冒頭陳述で、女性は2013年6月ごろ、

鶴原被告から生活費15万円などを借り、

それ以降、鶴原被告が弁済や利息などの各目で金の要求を始めたと説明しました。

その要求に応じるため、鶴原被告の勧めでインターネットの出会い系サイトなどで

客を見つけて売春、金を渡すようになったとした上で、「14年3月から、

金銭要求に応じられない時に被害者を殴る蹴るなどした

犯行当時は毎日9万円の現金を利息名目で要求されていた」などと指摘しました。


起訴状などによると、鶴原被告は当時18~19歳の少年3人と共謀し、

14年11月3日、女性に因縁をつけ、同市内のアパートで「どうけじめつけんのか。

謝罪金を払え」などと脅迫。

顔を殴るなどの暴行を加え、女性に出会い系サイトで募った7人に各1万円で売春させ、

翌4日にその全額を受け取りました。

さらに同日、女性から金を脅し取ろうと計画し、

同市内の海などで女性の顔を水没させる暴行を加えるなどして、

女性にけがを負わせたとされます。


1月15日の新聞記事に関連記事が書かれています。


宮崎日日新聞 1月20日より抜粋

吉村町 宮崎北署 児童福祉法違反 売春防止法違反 容疑者再逮捕 [吉村町]

県警生活環境課と捜査1課、宮崎北署は14日、少女に売春させたとして

児童福祉法違反と売春防止法違反の疑いで

宮崎市吉村町、無職鶴原容疑者(21)=恐喝未遂、傷害罪などで起訴=を

再逮捕しました。

鶴原容疑者は「無理やりさせたわけではない」と容疑を一部否認しているといいます。


逮捕容疑は、鶴原容疑者は昨年11月7日ごろ、宮崎市内の少女=当時(16)=が

18歳未満であることを知りながら、売春させ、

少女が受け取った金を分け合うことを約束していました。

自分の携帯電話を使って少女になりすまし、

年齢をごまかした上で出会い系サイトで相手を募り、翌8日午前0時40分ごろ、

同市内のホテルで少女に売春させた疑いです。


県警によると、鶴原容疑者は知人を通じて少女と知り合ったばかりだったといいます。


鶴原容疑者の逮捕は3回目になり、

以前、知人女性を暴行、脅迫して売春させたとして

売春防止法違反罪でも起訴されています。


宮崎日日新聞 1月15日より抜粋

吉村町 県道宮崎島之内線 停電 [吉村町]

23日午後7時50分ごろ、宮崎市街地の吉村町一帯で一時約3600戸が停電しました。

九州電力宮崎支社によると大半は十数分で復旧しましたが、

県道宮崎島之内線の東側を中心に421戸で停電が続きました。

約3時間半後の同11時25分ごろすべて復旧しました。

区域内の電柱に設置している変圧器ヒューズの不具合が原因ですが、

詳しいことは分かっていません。


県道の新別府橋南交差点は信号機が消え、同日午後8時過ぎから宮崎北署員手信号で

交通誘導に当たりました。南進する車が多く、一時渋滞しました。


停電した区域内にあるパチンコ店の男性従業員は「何が起きたか分からない。

お客さんには復旧まで待ってもらうよう伝えたが、もう停電から1時間近い。

まだ九電と連絡が取れていない」と困惑していました。

店外に出ていた50代男性客は「午後8時前くらいに突然電気が落ちた。

3,4回点灯したがまた消え、ずっとこの状態」と話していました。


県道沿いのコンビニ店の女性従業員は

8時前にバタンとブレーカーが落ちるような音がして電気が消えた。」と説明しました。

弁当やアイスクリームなどの商品が傷まないか心配。

クリスマスケーキも保管しているので早く復旧してほしい」といい、

冷気が逃げないようアイスを売る冷蔵庫に段ボールを敷き詰めたり、

冷蔵棚にビニールのカーテンを下ろしたりしていました。

吉村町 女性監禁 暴行 女 少年3人 逮捕 [吉村町]

県警捜査1課と宮崎北署は8日、

借金返済などの名目で知人女性から金を奪おうと計画し、

女性を車などに監禁、海中に水没させるなどの暴行を加えてけがを負わせたとして、

強盗致傷と逮捕監禁の疑いで宮崎市吉村町、無職鶴原容疑者(21)と、

18~19歳の少年3人=同市で同居=を逮捕しました。


逮捕容疑は4人は共謀し、市内の無職女性(20)から借金返済や

少年のうち1人のイヤホンを無断で使用した謝罪金として計16万円を要求しましたが、

女性が支払えなかったため現金を奪おうと計画したそうです。

4日午前3時ごろ、女性を取り囲んで乗用車に押し込んで社内に監禁、

宮崎市内の海岸まで往復する間に顔を平手で殴打したり、

海岸で全身を水没させるなどの暴行を加えた上、

借金返せんかったら、マジで殺すからね」などと脅迫。

さらに少年宅や目や口、腕、太ももをガムテープで縛り、

水を張った浴槽内に水没させて「どうやって借金返すとか」などと脅迫しながら

足蹴りするなどの暴行を加えた疑いです。


県警によると、女性は同日午前8時半ごろ、隙を見て逃げ出して、

警察に被害を届け出たといいます。

女性は顔の打撲など1週間のけがを負ったといいます。

女性は鶴原容疑者に十数万円の借金があり、数百万円要求されていたといいます。


鶴原容疑者と少年1人は容疑を否認、少年2人は大筋で認めているといいます。

吉村町 ブログトップ
Copyright © 宮崎の気になる新聞記事特集! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
イオンの株主優待

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。