So-net無料ブログ作成
高原町 ブログトップ

高原町 力強く棒踊り奉納 [高原町]

 高原町広原の王子神社の六月灯は23日、同神社でありました。

同町・広原小(田鍋友皇校長、74人)も参加しました。

地域住民と一緒に夏の祭りを楽しみました。

 稲の害虫予防を目的に、一時は地域の子どもたちが灯籠を持ち寄って開いていました。

しかし少子化が進行したため、PTAの行事の一貫として同校の

全校児童が参加して継続しています。

 境内には児童たちがクワガタムシや花火、スイカなどを描いた灯籠を飾り、

ステージでは6年生が「広原棒踊り」を奉納しました。

児童たちは棒を打ち鳴らしながら、力強い踊りを披露しました。

レクリエーションや学年ごとに優れた灯籠の表彰もあり、

地域住民を交えて盛り上っていました。

 砂浜やスイカ割りの様子を描いて表彰された5年の岡元楓さん(11)は

「雲や海の色を工夫した。みんなと一緒に集まれて楽しい」、

PTAの福永誠会長は「広原の伝統を絶やすことなく、

子どもたちに引き継いでいきたい」と話していました。

(宮崎日日新聞 7月25日 抜粋)

高原町 御田植祭 [高原町]

高原町の狭野神社で5月16日、御田植祭が行われ、

400年以上の伝統があるとされる棒踊り、奴踊りが奉納されました。

見物客やカメラマンが見守る中、踊り手は勇壮な舞を披露し、五穀豊穣を祈願しました。


御田植祭では神事の後、境内の広場に狭野棒踊り保存会のメンバー12人が、

白い頭巾をかぶり2列に並んで登場。

歌に合わせてなぎなた、鎌、六尺棒と小大刀を打ち合いながら力強く舞い続けました。

奴踊りでは、女性14人がかすりの着物姿で軽快に踊り、

観客から大きな拍手が送られていました。


棒踊りは、島津家の第17代当主島津義弘が

朝鮮出兵の凱旋祝いに踊ったのが始まりとされ、

薩摩に伝わる剣法・示現流の形を取り入れてるのが特徴。

メンバーの一人、同町蒲牟田の公務員二宮航大さん(20)は

「練習通りにうまく踊れた。大切に守られてきたこの踊りを、

次の世代につなげていきたい」と話していました。


御田植祭は2月の苗代田祭とともに同神社に伝わる農耕行事で、

田植え時期を前にした毎年5月16日に実施しています。


宮崎日日新聞 5月19日より抜粋

高原町 高原でツアー農家と交流 [高原町]

 高原町外の女性を対象にした「高原町農業体感!魅力再発見ツアー」は

15日までの2日間、町内でありました。

人口減対策に力を入れる町が地域の良さを知ってもらい、

移住につなげようと企画しました。

町で農業(関連)の仕事に従事する「農業男子」も同行し、

交流を深めました。

 同町制施行80周年記念事業。女性は福岡市や熊本市など県外からを

含む13人が、男性は畜産農家や町農政畜産課職員ら14人が

おもてなし役として参加しました。

 初日は、同町のほほえみ館で歓迎セレモニーがあった後、神楽そば打ちを体験しました。

その後、狭野地区にある農事組合法人はなどうの畑で麦踏みをしました。

2日目は、シイタケの駒打ち体験をして町中心部であった軽トラ市

「たかはるよりどり交流市」を見学。

体験の合間には狭野神社や霧島東神社、御池を観光し、高原の魅力に触れました。

 福岡市の40代女性は「いずれ地方に住み農業をしたいという思いがあります。

高原は自然豊かで人も温かく、思っていた通りの土地だった」。企画した

町農政畜参課の仮屋田浩課長は「地元の人が高原の魅力を再発見する

機会にもなります。高原に移住定住する人が一人でも出れば」

と期待しています。


宮崎日日新聞 2月20日より抜粋

高原町 古代衣装で練り歩き [高原町]

 建国記念の日11日、神武天皇の誕生の地とされる高原町をPRしようと

「第2回日本発祥地まつり」(町観光協会、まつり実行委主催)が

同町の皇子原公園を主会場でありました。

ご神幸行列や伝統芸能の披露など多彩な催しがあり、家族連れでにぎわいました。

 昼の部と夜の部(神代の火祭り)の2部構成。同天皇を主祭神とする狭野神社で

式典を行った後、ご神幸行列が神社を出発しました。

白い古代衣装を身にまとった約750人が、町内の園児手作りの日の丸の小旗を

振りながら公園までの約1㌔を練り歩きました。

 公園では国の重要無形民俗文化財(高原の神舞」(狭野神楽、祓川神楽)の

披露や焼き肉フェスティバル、出店があり大盛況でした。

神話ゆかりの地をめぐるウオーキングも開かれ、参加者は古代に思いをはせ、

雄大な自然の景色を楽しみ、爽やかな汗を流しました。

 同観光協会の竹之内昭一会長は「多くのお客さんに来ていただき,ありがたいです。

来年以降もずっと続けて、高原が誇る神話や歴史、伝統文化を発信する祭りとして

定着させたい」と話していました。


宮崎日日新聞 2月12日より抜粋
高原町 ブログトップ
Copyright © 宮崎の気になる新聞記事特集! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
イオンの株主優待

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。